転職を成功させるマナーから心意気まで転職に必要な条件を詳しく解説

@転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説

転職のノウハウ

転職に悩んだ時こそ必要な自己分析

更新日:

転職に悩んだ時こそ必要な自己分析

転職活動中は自分を冷静に見つめなおす必要があるとよく言われています。

ところが、客観的に自分を見つめなおすことは簡単なようで難しいものです。

そこで、転職を成功させるための自己分析のやり方をぜひ覚えておいてください

これだけは抑えて置いた方がいいというポイントを知っておくだけでも転職活動が有利に進むことでしょう。

自己分析の必要性

時間を有効に使うため

働きながら転職活動をすることがほとんどなので、限られた時間の中で次の仕事を見つけなければなりません。

気になる企業に次々に面接を申し込むなど時間の無駄ですから、自分に合う職種を探すためにも、自分に合う仕事はなんなのかハッキリさせるために自己分析は必要なのです。

自分の短所もしっかり見つめる

面接で長所をアピールすることはとても重要ですが、その前に、自分の短所も見つめなおしておくことも大切なのです。

自分の苦手分野をハッキリさせることで、実際に働いてみて「こんなはずじゃなかった」というトラブルを避けることができます

自分がよく失敗していた場面はどんなところか、本来であればあまり振り返りたくないところかもしれませんが、今後自分の転職活動を効率よく進めていくために、転職を失敗させないためにも必要なことです。

どれだけのスキルが身についたか確認する

どれだけのスキルが身についたか確認する
自己分析によって自分に身についたスキルを確認することができます。

その結果、そのスキルを活かすための職種が見えてくるはずです。

キャリアアップを目指すため、スキルを活かすためにも自己分析は大事なのです。

年齢を重ねていくごとにスキルやキャリアに変化がでていることにも気づくことでしょう。

また、スキルをチェックしていると、自分の得意分野も見えてきます。

仕事に対する士気を高めるためにも得意分野を生かすことは大切です。

転職の成功率を上げるための自己分析

転職の成功率を上げるための自己分析

職務を具体的に書き出す

これまでどんな仕事に携わってきたのか、改めて職務を書き出してみてください

メモ帳やノートでもかまいません。

時系列で職務を書いたら、それぞれ具体的に仕事の内容を書き起こしてみましょう

さらに、それぞれの仕事内容に仕事がうまくいったときの話や、逆にうまくいかなかったときなどを書き足していきます。

頭の中にあるものをこうして書き出してみると、視覚から再度頭にインプットされて、いろんなことが鮮明に思い出されることでしょう。

そのとき自分はどう感じたのか

先ほど書いた内容を読んで、自分はそのときどう感じたのか、そのときの感情も書き足してみてください

当時の感情を言葉に表すことで、自分の心がその時どのように変化していったのかが分かります

例えば接客業で、初めはうまくできなくてお客さんに叱られることが多かったことがあったあと、1年経った頃には顔なじみのお客さんから声をかけてもらえたときに嬉しかったと、1年で変化したことが分かります。

仕事に対する意欲が減ってしまったときに比べて、1年後は仕事の楽しさを感じられるようになっています。

自分にとって何が苦手だったのか、どこでうまくいったと感じられたのかを書き出すと、自分が得意とする分野を導き出せます

新卒就活と転職活動における自己分析の違い

新卒就活と転職活動における自己分析の違い

転職活動中の方の強み

新しい職場を見つけて働くという意味ではどちらも同じように見えますが、実は自己分析となると二つは全く違います。

転職活動には転職活動なりの自己分析が必要になるのです。

自分が何を得意とするのか、逆に何が不得意だったのか、これは新卒就活性にはできない自己分析です。

そのため、転職活動中の場合は自分がこれまで積み重ねてきた経験をもとに自己分析することができます

例えば、友達や知り合いとコミュニケーションが取れると思っていた学生時代に比べて、社会人を経験した場合は友達や知り合いだけでなく、職場の同僚たちや取引先、顧客などとのコミュニケーション能力が必要とされるので、より具体的な自己分析が可能となります。

どんどん新しい発見ができるのは転職活動中の方の強みかもしれません。

転職活動は社会人経験者ならではの自己分析ができる

学生の自己分析がダメというわけではありません。

ただ、社会人として働いた経験があると自己分析の視野が広がります

年齢を重ねるごとに様々な経験を経て、それらがすべて自分のスキルになっています。

それらを客観的に見つめなおすと、自分の人生が色濃くなっていることに気づくこともできるでしょう。

冷静に次の職場を探せるのも、転職活動中の方の強みのひとつです。

質の高い自己分析を行うためのコツ

質の高い自己分析を行うためのコツ
自己分析をするときはその日一日ですべてを終わらせようとしないほうがいいでしょう。

働きながら転職活動することは時間に追われて大変です。

そのため、寝る間も惜しんで転職活動を続ければ冷静な判断力が失われてしまいます

すべてその日で終わらせるのではなく、ふとある日思いついた自分の長所や短所などをすぐにメモに書き記しておくのです。

この積み重ねで頭の中が次々に整頓されていき、自分を客観的に見つめることのできる目を養うことができます

自己分析の質が高くなればなるほど、転職を成功へ導く可能性も高くなるでしょう。

-転職のノウハウ

Copyright© @転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.