転職を成功させるマナーから心意気まで転職に必要な条件を詳しく解説

@転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説

転職のノウハウ

転職の理由はひとつじゃない

更新日:

転職の理由はひとつじゃない

転職活動で面接を受けるとき、多くの場合はなぜ前の仕事を辞めたのかなぜいま勤めている会社を辞めたいのか、その理由を尋ねられます。

もしも会社に不満があったとき、それを正直に伝える必要はありません

これから新しい人材を採用したいと考える会社に伝えるなら、もっと他の理由を考えてみましょう。

転職の理由はひとつじゃない

転職の理由はひとつじゃない

何事も正直に話すことは悪いことではありません。

ただし、状況によってそれがマイナスになることもあります。

面接で話す転職の理由です。

例えば、職場に相性の悪い人がいて困っていたとします。

しかし、これをそのままストレートに伝えてしまうとわがままで調和を乱す人なのかなと思われてしまう可能性があります。

うちの会社で人間関係がうまくいかなくなったら、またすぐに辞めるのだろうと受け取られてしまっては大変です。

そこで、うそを付かずにうまくポジティブに変換していきましょう

人間関係で悩んで転職を考えたなら、同僚たちと一致団結して目標を目指していきたいなどと変換してみてください。

言葉はまったく違うものの、言っていることにウソはありませんからウソをついて挙動不審になることもありません

転職理由は必ず聞かれる項目のひとつですから、自分なりのポジティブな言い回しで本音を伝えましょう

前の職場のの将来性に不安を感じたとき

不景気などの影響によっていま勤めている会社の将来性に不安を感じることもあるでしょう。

それが転職理由だった場合、会社の業績が悪くなってきたので転職しますと伝えるのはおすすめできません

うちの会社も業績が少し悪くなったぐらいで辞めてしまうのだろうかと受け取られてしまっては、面接に受かる可能性はほぼなくなってしまうでしょう。

この場合、ウソをつかずに正直に言いながら、面接官に不安を感じさせない言い方に変換させましょう

例えば、業績が悪くなったことで経費削減の一環で人員削減があったこと、社員一人ひとりに回る仕事量が多くなったこと、結果として自分が担当する仕事としっかり向き合う時間がなくなってしまったことなどを伝えます。

新しい職場では担当する仕事を大事に向き合える環境で働きたいと思い転職を考えていると変換しましょう。

これなら前向きな姿勢を伝えることができます

体の不調により転職を考えているとき

体の不調により転職を考えているとき

あまりの激務で体調を崩してしまうこともあるでしょう。

それが転職理由となっている場合、あまりオブラートに包みすぎると相手に話が伝わらない可能性があります

そんなときは具体的な数字を出してみてください

本来何時から何時までの勤務時間だったところ、これだけの残業があったという数字や、社員一人ひとりにかかる負担が大きすぎるため人員を増やしてほしいと上司に相談したが対応してくれなかったことなど、体調を崩しそうな不安がよぎったため、そうなる前に転職を考えているというように伝えてください。

本当に体調を崩してしまったことを伝えると、体が弱い人と思われてしまい、具合が悪くなるたび仕事を休まれてしまっては困ると思われてしまいます。

もちろん、そのためにも本当に体調が悪い場合はしっかりとケアをして体調を万全にしてから転職活動することをおすすめします。

パートナーの転勤が転職理由になったとき

結婚をしている場合、パートナーの転勤がきっかけで転職活動をすることもあります。

このとき、ただパートナーの転勤のことだけを伝えるのは人間味がなくなってしまうので、もう少しアレンジしてみましょう

仕事に対する責任感があることを伝えるのです。

パートナーの転勤が決まって職場を離れることが決まった後は、早めに上司に状況を伝えて引継ぎのための期間を作ってから退職したことを伝えてください。

仕事を辞めるからと言って任されていた仕事を途中で放棄するのではなく、残される同僚たちが困らないようにしっかり引継ぎをしたことを伝えるのです

この人になら大切な業務を任せられそう、そういった印象を植え付けましょう

前の職場の給与に不満があったとき

前の職場の給与に不満があったとき

お金のことを伝えるのは難しい?

仕事の内容と給料の金額が見合っていないという不満もよくあります。

同じような仕事をしている仲間はもっと給料をもらっているのにと不満を抱く人は案外多いものです。

しかし、この場合も給料が低すぎて辞めましたなどと伝えるのはNGです。

お金のことなのでポジティブに伝えるのが難しいと思うかもしれませんが、給料は自分に対する評価と捉えてみてください。

自分はもっと評価されておかしくないと思って転職を決断したわけですから、そこをポジティブに変換するのです。

ポジティブな言い回しで乗り切ろう

これまで携わってきた仕事で成果を出し続けてきたものの、それを評価してくれる仕組みが整っていなかったため、今度は自分の頑張りが評価される職場で働きたいという理由から転職活動をしているというニュアンスで伝えてみてください。

このニュアンスだと責任をもって仕事をする人という印象を与えることができます。

生活をしていくうえでお金は必要ですから、求人案内を見て給料がこれぐらいもらえるならと応募したきっかけがあったにしても、転職理由として給料が低かったと伝えることは避けてください

伝え方ひとつで前向きな印象を与えることができますから、本来の転職理由を自分なりに編集をして、仕事に対する意欲をしっかり伝えましょう

-転職のノウハウ

Copyright© @転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.