転職のノウハウ

転職に有利な資格はある? 色んな資格をご紹介

更新日:

qualification

少しでも転職を有利にするために、これまで働きてきた中で身に着けたスキルは武器になります。
しかし、それだけでは不安だし、もっと転職が有利になるようなスキルを身に着けたいという声も少なくありません。
世の中には様々な資格があります。どんな資格があるのかひとつずつ見ていきましょう。

普通自動車免許第一種

首都圏は電車移動が多いといわれていますが、職種によって車で営業することもありますし、車を使う場面はたくさんあります。

得意先を車で移動する場合は普通自動車免許一種が必要です。

多くの方は高校を卒業する前に取得するケースが多いですが、働く先が首都圏の場合は免許取得を急がないという方も少なくありません。

ただし、業種によって車の免許があると有利になることもありますし、普通免許ありと募集条件を出している企業も多いですから、できれば普通自動車免許第一種は取得しておくといいでしょう。

TOEIC

転職活動をしている方たちの中でもすでにご存知の方も多いかもしれません。

転職に有利になる資格の代表的ともいえるのがTOEICです。

英語の資格なので、働きたい企業がグローバルな職場だったり、海外に支店があったり海外営業部などがある場合に役立つ資格と言えます

。特に大企業などでは部署にこだわらずTOEICで高得点を取っているとかなり有利になるという声も少なくありません。

TOEICは筆記とリスニングの二つの総合得点が合計点となります。

本来は600点以上あれば優秀と言われていますが、他の会社に比べて英語を使う頻度が多い場合は750点以上が条件となるところもあります。

外資系の職場で働く場合はさらに高い点数が求められる可能性が高いと言われています。

TOEICは一年に10回、全国80か所で試験が実施されます。

ファイナンシャル・プランニング技能士

世の中のお金のことのプロフェッショナルとも言われているのが、ファイナンシャル・プランニング技能士です。

この資格を持っている場合、ファイナンシャル・プランナーという肩書を持って仕事をすることができます。

例えば、世の中には保険のことがよくわからないという方がたくさんいます。

そんな方たちにあう保険はどんなタイプなのかアドバイスすることができるのがファイナンシャル・プランニング技能士なのです。

また、将来設計を立てるときの貯蓄のことや、マイホームローンなど、お金に関する悩みを解決するための心強い味方として働くことができます。

国家資格のひとつなので将来的には独立するのも夢ではありません

一年に数回試験が実施されます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフト社のワード(Word)やエクセル(Excel)、パワーポイント(PowerPoint)、アクセス(Access)、アウトルック(Outlook)などのオフィス製品を使いこなすことができる人に与えられる資格です。

ディスクワークやオフィスワークを希望する方は取得すると転職に有利になるでしょう。

ちなみにエキスパートレベルはWordとExcelだけです。

一ヶ月に1~2回、全国一斉に試験を行います。随時試験があるのも特徴です。

社会保険労務士

転職活動をしているとよく目にする資格ですが、実は日本ではまだまだ社会保険労務士の数が少ないと言われています。

ですから、社会保険労務士の資格を持っていれば、転職活動が有利になるのは言うまでもありません。

一般的に社労士と呼ばれることが多いこの資格は国家資格のひとつで難易度が高いものの、職場において給料や人事、ほかにも労働時間に関する相談を受けることもあります。

資格を取得している方は少ないので、この資格は転職活動にかなり有利になるでしょう。

一年に一度試験が実施されます。

医療事務

資格の中でも日本全国の病院で必ず必要となるのが医療事務です。

医療事務は病院で受付をしたり、患者さんたちの医療費を計算したり、入院患者の入院手続きや退院手続きも仕事のひとつです。

そのほかにも電子カルテへ入力したり、整理するのも仕事ですし、保険から医療費を請求するための診療報酬明細書を作成します。

女性におすすめと言われていますが、男性でも取得する方が増えています。

資格があると転職に有利になる業種のひとつなので、万が一に備えて取得したという声もすくなくありません。

月に一度試験が実施されます。

宅地建物取引士

まだまだ知らない方も多い資格のひとつですが、実は一年で20万人も受験している人気の資格なのです。

略して宅建と言われることが多く、この資格があると不動産や建築業はもちろんのこと、実は金融関係の業者からも必要にされる資格なのです。

一度資格しておけば更新の必要がありません

そのため、独身時代に取得して働いて、結婚や出産で退職して、落ち着いてからまた働きに出るという方が多いのもこの宅建の特徴かもしれません。

企業によっては、この資格を持っていると資格手当を払うところもあるので、持っておきたい資格のひとつになるでしょう。

一年に一度試験が実施されます。

日商簿記検定試験

キャリアアップのために取得しているといいと言われているのが簿記の資格です。

小さいころから数字が苦手という方でも取得できる資格なので、どなたでも取りやすいと評判になっています。

ちょっとした空き時間を利用して勉強することで手軽に取れる資格です。

資格取得までかかる日数は目安ではあるものの、3級の場合は1ヶ月から3ヵ月あれば十分と言われています。

級が上がれば上がるほど難易度は高くなりますから、自身のスキルアップのために上を目指してみるのもいかがでしょうか。

一年に3度試験が実施されます。

【資格取得が転職に有利になる】
search
転職活動を有利に進めるためにどんな資格がいいのか気になります。
資格ならどれでもいいというわけにはいきません。例えば、自分がその分野に興味があるかどうかがとても大事です。

また、その分野の仕事が自分の本当にやりたい仕事なのかどうか、さらにはその資格は企業から必要とされているのかどうかもみきわめたいところです。

これらの条件をすべて満たしている資格なら、転職活動が有利になるでしょう。

-転職のノウハウ

Copyright© @転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.