転職を成功させるマナーから心意気まで転職に必要な条件を詳しく解説

@転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説

転職のノウハウ

就職先を見つける前に自分を見つめなおす時間を作ろう

更新日:

就職先を見つける前に自分を見つめなおす時間を作ろう

やりたい仕事がなんなのか自分の中でハッキリさせるために、今よりもう少し掘り下げて自分を見つめなおす時間を設けてみてください。

転職活動を中途半端にしてしまうと、やりたいと思っていた仕事のはずだったのにこれじゃなかったと後悔することもあります。

また最初から転職活動をやり直しになり、時間の無駄が生まれます。自己分析のためにやるべきことをまとめました。

自分の好きなことをピックアップ

自分の好きなことをピックアップ
自分の好きなことはどんなことですか?

それが仕事に繋がったら仕事が楽しくなると思いませんか?

仕事は楽なことばかりではないからこそ、自分の好きなことを仕事につなげることは転職活動を成功させるきっかけになるはずです。

例えば、休日はおいしいお店を見つけて食べ歩くのが好きという場合、食に関する仕事に就いてみてはいかがでしょうか。

レストランやカフェで働く場合、調理師やパティシエ、さらにはフードコーディネーターや管理栄養士などの資格を取得するのもいいでしょう。

空き時間や寝る前に本を読むのが好きという場合、本に関する仕事に携わるのも楽しいはずです。

本屋さんで書店員として働くのもいいですし、図書館で図書館司書として働くのも夢があります。

本好きが高じて作家を目指すという大きな夢を実現させる方もいますし、書籍出版に勤めて常に本と携わることが幸せという声もあります。

このように、自分の好きなことをピックアップしていくと、それらに関する仕事を導き出すことができます

自分に合う仕事がよくわからないという場合にぜひ試してみてください。

出来ないこと・やりたくないことをリスト化

次にやることは、自分が出来ないことややりたくないことをリスト化することです。

どちらもマイナスなイメージがありますが、ここを無視してしまうと転職した先でも同じように後悔することになりますから、苦手としていることをリスト化する作業はとても大事なことなのです。

例えば人と接するのが苦手という場合、ここを短所として捉えるのではなく苦手なところと捉えます。

人と接するのが苦手なのに接客業や営業などを仕事にすれば毎日が苦痛で仕方がないでしょう。

この場合、転職活動から接客業や営業は省いておくことで限られた時間の中で自分に合う職場を探し出すことができます

転職先でダメなら次を探せばいいというわけにはいきません。

転職活動が簡単ではないからこそ、ダメなら次を探せばいいなどと簡単にいかないものです。

苦手な部分をリスト化して、それに関する業種は最初から省いて転職活動を続けましょう

やりたい仕事につくときのデメリットを考えてみる

好きな業種

やりたい仕事に就くことを考えた場合、メリットしか思い浮かばないかもしれませんが、だからこそ冷静にデメリットの部分も見つめなければなりません

例えば、今の会社は仕事面では嫌なことがあるけれど給料の面は充実していると言う場合、いくら次の職場でやりたい仕事ができたからといって給料が極端に減ってしまったらどうでしょうか。

生活の質を落とさなければなりませんし、もしかしたら貯金もできなくなってしまうかもしれません。

好きな仕事に就くことと引き換えに生活が苦しくなってしまっては大変です。

やりたい仕事に就けることと引き換えにデメリットが大きい場合は、その職場は見送ったほうがいいでしょう。

もちろん、きな業種でなおかつ給料面も今と同じかもしくは今よりもいい条件なら転職は前向きに考えていいでしょう

行動に移すことが大事

情報収集をしてみよう

今の職場から離れたいと思ったとき、今すぐ辞めたい気持ちがあるかもしれませんが転職を失敗させないためにも、まずはこれから働いてみたい新しい職場の情報収集に走りましょう。

その職場がどんな職場なのか、可能なら今現在働いている人たちの体験談を知りたいところです。

実際に働いてみないと分からないことを下調べするのです。

例えば勤務時間はどうでしょうか。

募集案内に書いてある通りなのか、それとも実は残業が多すぎて毎日ヘトヘトという声が聞こえてくるかもしれません。

給料はどうでしょうか。

こちらも募集案内にあった給料をもらうことができるのか確認しておきたいところです。

特に手当などは支給される条件があることも珍しくはありません。

貰えると思っていたのに貰えなかったとなれば生活設計が狂ってしまいますから、気になることをリストにして、それらに関する情報を集めてみましょう
チェックリスト

意外に大事な職場見学

働く場所によって、こっそり職場見学ができることがあります。

例えばレストランやカフェ、図書館などは普段から誰でも利用できるところです。

実際に足を運んでみて雰囲気をチェックしてみましょう。

こっそり職場見学ができないところもあります。

そんなときは事前に連絡を入れると職場見学をさせてくれるところもあります。

面接を受ける人間がやってくるということで普段と違う雰囲気になる可能性もありますが、もしも職場見学をしたらどこをチェックしておきたいかを事前にリストにして、それを細かく確認してみてください。

職場の雰囲気はどうなのか、同僚たちはコミュニケーションがうまくて取れているのかなど、表面だけ取り繕っても職員たちの表情を見れば本当に仲がいいのか、それとも不満があるのかは伝わるはずです。

妥協点があると気持ちが楽になる

なんでも完璧でなければ無理と思い込んでしまうと、なかなか次の新しい就職先を見つけることができません。

もちろん、どうしてもこれだけは譲れないという気持ちは大事ですし、長く働くためには必要なことです。

ただし、すべてが完璧に条件をクリアする職場はなかなか見つからないかもしれません。

そんなときは自分なりの妥協点を作っておくと気持ちが楽になります。

例えば、自分と同世代の人がたくさんいる職場がいいと思っていても、仕事内容や給料面は納得できたのに同世代が少ないという場合、せっかく仕事内容と給料面の条件がいいのなら、同世代が少ないという面は妥協したほうがいいでしょう。

-転職のノウハウ

Copyright© @転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.