転職のノウハウ

転職するときの心構えをチェック

更新日:

心構え

転職を希望するとき、どんなことを心がければいいのか事前に知っておくことで、転職活動を優位に進めることができます。

ひとりでコツコツ進めていくことになるので、計画的に取り組むことがポイントになるでしょう。ただ大量の情報をひとつずつチェックしていくには大変な作業です。

限られた時間を有効活用するために、会社を選ぶときのコツや自己分析の秘訣を覚えておきましょう。

転職サイトを有効活用

search

自分の働く姿をイメージする

転職を希望するということは、今の職場に少なからず不満があると考えられます。

そのため、次に働く場合はどんな職場がいいのか、どんな職場なら自分がイキイキと働くことができるのかイメージを膨らませてください。

初めて社会人として働くための就職活動の時とは違い、一度社会に出て働いた経験があるのでイメージしやすいでしょう。

例えば、前回の職場は残業が多すぎたと感じた場合、次の職場は残業の少ないところがいいと思うことでしょう。

仕事を早く終えて自宅に帰って、時間を有効活用することができます。

もちろん、理想が高すぎることで次の職場が見つかりにくくなりますから、理想が形になりやすい範囲でイメージしていきましょう。

転職サイトを利用する

ネット上にはたくさんの転職サイトがあります。

自分の働くイメージができたら、そのイメージに合う条件を出している会社を転職サイトから見つけていきます。

転職サイトの多くは具体的な条件を出していることが多く、条件をたくさん出している企業ほど人気になっています。

また、求人情報だけでなく、転職サイトを利用した方々の体験談などがあると心強い味方になるはずです。

ひとつの転職サイトに絞らず、知名度も実績もある転職サイトをいくつか選んで、マイページを作成しておけば幅広く情報収集することができます。

転職サイトを利用するときの注意点

check

転職サイトを利用するときに抑えて置くべき注意点を知っておくことも大切です。

例えば、いつ見ても同じ会社が常に求人を募集している場合、もしかしたら離職率の高い会社かもしれません。

そのためすぐに社員が辞めていくため常に募集をしているという状態です。

働く環境がよければ社員が次々に辞めていくようなことはないですから、こういった会社は要注意です。

そのほか、募集人数が大量の場合も注意してください。

こちらも離職率の高い会社の可能性が高いので、たくさん募集しているなら面接で落とされることはないだろうと安易に捉えると痛い目にあう可能性が高いので注意しましょう。

ハローワークはデメリット?

ハローワーク

募集内容と違う企業がある

転職活動をしている方の多くはハローワークも利用しています。

地域の求人情報を取り扱うため、ピンポイントに希望の就職先を見つけることができます。

ただし、ハローワークを介して就職先を見つけた場合、注意しなければならないのは実際に働いてみたら募集していた時の職場環境とまったく条件が違うという声があることです。

募集条件に残業はないと書いてあったにもかかわらず毎日残業ばかりで疲労困憊というケースもありますし、条件と違うと訴えても残業はどこでもあることだからおかしなことではないと言いくるめられてしまうケースも珍しくありません。

ハローワークに求人広告を出す場合は広告費が一切かからないため、このような労働条件が食い違う企業がチラホラあるのも現状です。

ハローワークを味方につける

募集内容を見て、これが本当なのかどうか確かめたい場合はハローワークの担当者に相談をして、ハローワークから会社に問い合わせをしてもらい、募集内容を再度確認してもらうといいでしょう。

個人が企業に問い合わせても言いくるめられる可能性が高いので、ハローワークに間に入ってもらうのが賢明です。

冷静な自己分析が必要

自己分析

冷静な自己分析は自分のためになる

自分がいままで仕事においてどのような成功を収めてきたか、逆にどんな失敗をしてしまったか、ノートでもいいので書き出してみてください

具体的に書くことで冷静な自己分析ができます。

転職活動ということは中途採用になりますから、面接を担当する人事部の目も多少なりとも厳しくなるのが現状です。

そこで自信をもって面接を受けるためにも冷静な自己分析がポイントになるというわけです。

成功したことと失敗したことを出来る限り書き出す

記憶を手繰り寄せて、これまでの成功したことと失敗したことを具体的に書き出してみてください。

仕事が成功したとき自分はどんな行動をとっていたのか、逆に失敗したときはどのように対処したのか、ひとつずつ書き出すのです。

特に失敗したことは早く忘れたい記憶かもしれませんが、失敗したときにどうやって改善したのか、それは結果的に成功へ導くためのカギを握っていたはずです。

自己分析で冷静に自分を見つめなおすことで、これからの自分に必要なことも見えてきます

こんな自己分析は駄目

自分のだめなところを見つめなおすのは難しいかもしれませんが、必要以上に自分を過大評価したり、その逆に自分にはいいところがなにもないと卑下する必要はありません

等身大の自分しっかり見つめてください

同じ業種に勤めるならこれまでのスキルは役立ちますし、まったく違う業種を希望しているなら、これまでのスキルを活かせる場はないかもしれません。

だからこそ、自己分析をしてこれからどんなスキルを身に着けたらいいのか導き出すことが大事なのです。

自分のスキルを自己アピールしつつ、希望する企業で働くためにはどんなスキルが必要なのか分析してきましょう。

スキルアップのために費やす時間を作るきっかけにも繋がります。

-転職のノウハウ

Copyright© @転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.