転職するなら知っておきたい最低限のマナー

転職ナビ

転職のノウハウ

転職するなら知っておきたい最低限のマナー

更新日:

転職だけに当てはまることではありませんが、マナーのない人はそれだけで評価が大きく下がってしまいます。

悪い印象を与えてしまうと、今後の付き合いにも影響を及ぼす可能性がありますから、転職する際に最低限守ってほしいマナーを知っておきましょう。

今の職場を退職する決断をした後に転職活動を

今の職場を退職する決断をした後に転職活動を

今の職場に失礼がないように

社会人として責任のある仕事を任されているわけですから、今の職場に対して、さらにこれから新しく勤める職場に対して、失礼のない行動をとることはとても大切です。

腰かけでお給料をいただいているという感覚を持っていると、会社側もその雰囲気を察知します。
もしも自分が雇う側だった場合、そういった社員に対して快く思わないはずです。

今の職場に不満を持っている場合は理由が様々ですが、任された仕事は全うするのが社会人としてのマナーです。

転職先の面接官がその空気を察知することがある

腰かけ気分の志向を持ったままだと転職活動するときも、とりあえず良さそうな会社があったから面接を受けてみたという無責任な転職活動をやりかねません。

こういった考えをもって面接に挑むと、不思議なぐらい面接官にその気持ちが伝わってしまうものです。

特に落選する理由が思い当たらないという場合は、自分の行動考え方を見つめなおしたほうがいいかもしれません。

もちろん、条件のいい会社があれば心が揺らいでしまうのは誰もが同じことかもしれませんが、社会人としてのマナーを考えた場合は相手に失礼のない行動をとることが大切です。

今の職場を辞めようかどうか悩んでいる最中の転職活動では今の職場にも新しい職場にも失礼になります。
きっぱりと辞める決意を持ってから転職活動を進めれば、面接の際にもその意気込みがしっかり伝わることでしょう。

理想は退職希望日の3ヶ月前から

理想は退職希望日の3ヶ月前から

計画的な転職活動が大事

基本的に、転職を決意したら退職したい日から遡って3ヶ月前から転職活動を行います。

これは次の職場を見つけるまでに時間がかかるということもありますし、なにより面接に合格したから今すぐ辞めますと伝えると会社の方で迷惑がかかるためです。

代わりの社員がいるとかいないとかの問題ではなく、1人の従業員が辞める際に様々な手続きがあるので、「明日辞めます」などと急に言われても迷惑なだけなのです。
何の準備もないまま辞めるのはマナー違反と言えるでしょう。

新しい職場が見つかってから退職することを伝えても問題はありません
むしろ、新しい職場が決まってからでなければ仕事が途切れてしまうため、収入もなくなり不安定になります。

面接官に不信感を抱かせないこと

時間にゆとりをもって転職活動を行うと、新しい職場で面接を受ける際にも不信感を抱かせることがなくなります。

必ずしも面接に合格するとは限りません

仕事を辞めてから面接を受けた場合、これまでどうやって生計を立てているのだろうと、無計画な人という印象を与えてしまいます。

今の職場に迷惑をかけないこと、さらには面接を受ける職場に不信感を抱かせないこと、この二つを考えれば少なくても退職する日から逆算して3ヶ月前から転職活動を始めるのが妥当でしょう。

転職の意思を伝えるときは誠意をもって

転職の意思を伝えるときは誠意をもって

退職理由がなんであっても誠意は大事

どうせ辞めるのだから、今の会社にどう思われても気にしないなどと無責任な行動は慎みましょう

どんな理由があって辞めるにせよ、これまでお世話になったことには変わりません。

今の職場の面接を受けて合格通知をいただき、これまで働いてお世話になってきたわけですから、誠意を忘れないことが大事です。

今の職場が嫌で辞めるにしても、これからの人生に役立つ経験はたくさんあったはずです。

社会人として責任をもって働く大切さ社会の常識マナーなども身についたわけですから、感謝の気持ちをしっかり伝えてください。

例え相手の性格に難があったとしても、そこはこちらが大人になって誠意をしっかり伝えましょう。

今の職場を辞める理由は前向きに

今の職場を辞める理由は前向きに

マイナスな理由は不信感を抱かせる

新しい職場の面接を受ける際、必ず聞かれるのが「なぜ前職を辞めたのか」ということです。

この答えに悩む方は少なくありません。
例えば、パワハラを受けて非常につらい毎日を送っていたとしましょう。
それをそのまま伝えてしまうと、気持ち的に弱い人という印象を与える可能性があります。

もちろんパワハラは絶対にあってはならないことですが、面接官にしてみればどのようなパワハラがあったのか見当もつきません。

忙しいことを理由にしてはダメ

仕事が忙しすぎて自分の時間が取れなかったという理由の場合もマイナスな印象を与えると言います。
どの業界にも同じことが言えますが、一年を通してみたとき忙しい時期が必ずあります

残業代が出ないというのはもちろん大問題ですが、猫の手も借りたい状況はどの職場にも起こりうることです。
そんなとき、この人は力になってくれないかもしれないという印象を与えてしまいますから、忙しすぎたという理由もNGでしょう。

教科書のお手本のような受け答えになりますが、面接を受ける際にあたりさわりのない答えとして、新しい職場で自分の視野を広げたいこの分野をきわめてスキルアップしたいなど、積極性の見える理由を述べてみてください。

前の職場に不満があったのではなく、この会社に魅力を感じたということをアピールするのです。

スケジュール管理は徹底的に

スケジュール管理は徹底的に

時間に追われるからこそ時間を管理する

仕事をしながら転職活動をしていると、とにかく時間に追われます。
しかし、先にも話したように退職する3ヶ月前から準備を進めていれば、思っているよりも忙しいということはなくなります。

また、スケジュールをしっかり管理することで今の職場に迷惑をかけるようなこともありませんし、転職活動もスムーズに事が運びます。

あくまでもこちらは今現在雇ってもらっている立場、これから雇ってもらう立場なわけですから、企業側の状況に合わせて転職活動を進めるのがマナーとなります。

特に働きながらの転職活動となると、中途採用になるので説明会や面接などの日取りを合わせるのがなかなか大変です。

企業によって再就職者向けに平日の夜や土日に行うところまりますが、すべての企業が行っているわけではありません

どうしても日程が合わない場合は有給休暇を利用してみましょう。
これなら今の職場に迷惑もかけませんし、こちらの都合で面接を受ける企業を振り回すこともなくなります

-転職のノウハウ

Copyright© 転職ナビ|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.